またしても雨のタカキン

10月25日、375回目の高崎金曜日行動。

またしても雨。千葉県ではまたしても洪水被害。

この日まで動労千葉の解雇撤回支援の物資販売オルグで千葉から群馬に来ていただいていた仲間にも、昼間のうちに早めに帰ってもらう。

さすがに集まりが悪く、4人でひっそりとタカキン。

家が浸水するなんて、たいへんなこと。

最近災害警戒レベル5になると 「命を守るための最善の行動を」とニュースでアナウンサーが呼び掛けるのを耳にすることが多くなった。

災害は多くの場合、新自由主義が生み出している。

災害が起こる前に声をあげよう。

命を守るために。

11・3全国労働者総決起集会/改憲阻止!大行進はそういう取組。ぜひご参加を。

 台風19号被害の全容がだんだん明らかになってきています。
 多くの方が避難生活を強いられ、避難所からは移った10万人規模の方の住宅が被害にあわれたままに、生活再建の不安の中にいます。

 そういった民の苦境を無視して、ばく大な税金を使って「天皇即位」を強行する安倍政権と天皇一家。
 以下は、その様子を「遠慮がち」に報道したNHKニュースをそのままご紹介します。なかなかにぜいたくな様子が漏れ伝わってきます。

10月22日のNHKニュースからのご紹介です。

皇位継承に伴う式典関係費160億円余 前回比30%増

「天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が22日、行われます。皇位継承に伴う式典関係費は、昨年度予算と今年度予算に計上された費用を合わせて160億円余りで、前回・平成への代替わりの際と比べておよそ30%増えています。

内訳をみますと、
▼外国の賓客の滞在関係費が50億円余りと最も多く、前回の5倍以上です。次いで、▼警備関係費が38億円余りですが、東京オリンピックなどに備えて機材を調達する予算がすでに確保されていることなどから、前回より15億円余り減りました。また、政府が憲法で定める国事行為として行う儀式のうち、▼天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」の経費が17億円余り、▼祝宴にあたる「饗宴(きょうえん)の儀」が4億6000万円余り、▼祝賀パレードの「祝賀御列の儀」が1億2000万円余りとなっています。
さらに前回同様、国事行為とはせず、皇室の行事として行う「大嘗祭」などの費用は21億円余りで、前回より9千万円余り減りました。この結果、皇位継承に伴う式典関係費の総額は160億円余りとなり、前回よりおよそ37億円、率にしておよそ30%増えました。」
  以上、ニュース引用終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です