高崎金曜日行動は490回目、現状だよりは600号!

 ブログの更新が止まってましたが、高崎金曜日行動は休みなく、2021年12月17日で490回目でした。「原発事故・現状だより」の方は先週12月10日号で600号でした。

 今日は冷たい強風で大変だと思っていたら、途中で雨が降り出した。少し時間を早めて終了した。片づけたらたどり着いた人が二人いた。今日は道が混んでいたから。

 欠かさずにタカキンに参加してくれていたMさんが病気で入院してしまい、みなで心配している。早く良くなってほしい。

 その穴を埋めるかのように、サーカス学校のけんたさんが突然現れた。うれしいですね。こういう再会は。サーカスもコロナでとても苦しかったと話してくれた。

 最近、訃報や病気の話が多く気が滅入る。しかし、11年目の3・11に向け群馬の実行委員会も10月から動き出した。

 コロナ。そして気候変動。10年で、この社会の危機はバージョンアップしている。

 3・11以降10年の原発再稼働と原発に反対する闘いや福島の闘いが何だったのか、今一度検証と総括が必要だろう。まだまだ継続し、発展させていかなければならない。

 12月11日には、茨城県の東海第二原発の運転に反対する一斉行動に高崎・群馬からも参加した。原発避難者の群馬訴訟原告団長・丹治さんのアピールはやはり力がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。