伊方原発、運転差し止め!全部とめよう!

広島高裁が、1月17日、伊方原発の運転差し止めの仮処分決定を出した!

広島高裁は、阿蘇山の火山灰の影響や、活断層の存在に関して、「想定は過少であり、それを前提とした規制委の判断も不合理だ」 と断じた。3・11を経験した私たちから見れば当然の判断だ。

写真を見てほしい。

JR常磐線双葉駅の状況だ。

1月12日に双葉駅周辺を視察してきたという避難者の方からいただいた写真。

ご覧のように、駅前にとめた車の中で、2.97マイクロシーベルト/時。

双葉町は誰も住んでいません。時間が止まっています。

そこにできた立派な駅舎。3月14日のダイヤ改正で常磐線全線開通が行われようとしている。

赤い「帰還困難区域」を突っ切ってJR常磐線を走らる。

「帰還困難区域」とは「宿泊はダメ」「立ち入りも市町村長の許可がなければダメ」なのだが、「一部の主要幹線道路については許可はいらない」と例外規定をつくって常磐道や国道6号線が通れるようになっている。

これに準拠してJRを通すということらしい。

いずれにしてもまだ立ち入ってはいけない区域。JR労働者に対する明白な被曝強制。

3・11をなんら反省せず、自らの利権や権力にしがみつくやつらが今も日本を動かしている。

3月8日の群馬さよなら原発集会には、これと闘う動労水戸にゲストで来てもらってアピールしてもらう。

原発事故をなかったことにするーオリンピックの前に常磐線全線開通。住民と労働者への被曝の強制が行われようとしている。許せない。

みんなで声をあげよう。

タカキンは390回目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。