「安倍政権の農政を考える9・29講演会」に50人

9月29日(日)高崎中央公民館で、「安倍政権の農政を考える9・29講演会」が開かれました。50人が参加。台風で被災してたいへんな中、千葉から、三里塚反対同盟農民の市東孝雄さんや農民会議の小川浩さんを迎えて話を聞きました。トヨタなどを守るためならば農民など死んでもかまわない、これが安倍政権の農政です。空港のための暴力的な農地取り上げに対して、農民の誇りをかけて実力で対峙してきた三里塚。ここを拠点に農民の生きるための闘いを作り出そうという、明確な方向性と勝利の展望を示すことができました。

三里塚空港反対同盟・市東孝雄さん
初めての方を多数迎えて
歌とピアノ。感動。
玉村町会議員・石川まさおさん
講師の田島俊昭さん
農民会議共同代表・小川浩さん
現地闘争本部で反対同盟と苦楽を共にして40年という仲間
3/11の後、三里塚の支援に入って7年という現地闘争本部の仲間
忙しい中顔を出してくれた県会議員・小川晶さん「父がいつもお世話になっております」
台風で壊れた看板を建て直し。反対同盟ブログより

10・13三里塚現地集会にいっしょに参加しましょう!

連絡先 09090160272

メール gungoroso@ybb.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です