3・11反原発福島行動に参加

あの日から9年。14:46には集会参加者全員で黙祷を捧げた。様々な思いを胸に。

9年目の3・11反原発福島行動は新型コロナウイルスの自粛モードの中、郡山市で行われた。

開催か中止か、議論を重ね、悩み抜いた末の開催。

集会の中で、福島原発事故の直後、学校の放射能が高いのに、学校の再開を強行した国=文科省への要請行動に立ち上がった福島のお母さんたちの、当時の姿がスクリーンに映し出された。

文科省の交渉担当者に、ビニールにつめた福島の汚染度を突きつけ、「大丈夫だというならなめてください!子供たちは、その土をなめたり、吸い込んだりするんです!」と迫る姿。

子供たちを守る親の思いは、常に真剣だ。それは今も同じだ。

沖縄も、三里塚も、同じ。

闘いの原点はここにある。

福島はあきらめない。

この思いで立ち上がれば必ずたくさんの人とつながれる。

そしてつながれば社会も政治も変えられる。

新型コロナウイルスの自粛モードの中、開かれたこの集会の意味は大きかった。

郡山市内をデモ
主催者あいさつ 動労福島・橋本さん
パネルディスカッション ふくしま共同診療所・布施院長  南相馬市小高赤坂病院・渡辺瑞也院長 三春町・カメラマン飛田晋秀さん
浪江町 希望の牧場 吉沢さん
常磐線全線開通に反対して闘う動労水戸
今年も右翼が妨害に来ていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。