今日から国会開会。まず、関電・原発マネーを受け取った政治家をはっきりさせなよ

高崎金曜日行動372回目。

 原子力ムラの、とんでもない犯罪が明らかになりました。
 関西電力の会長や社長ら経営幹部20人に、原発企業から約3億2千万円ものワイロの金品がわたり、少なくともその一部が、自民党幹部・稲田朋美元防衛大臣にもわたっていたことが判明したのです。
 さらに関西電力が、原発反対派の町長を暗殺する計画まで練っていたことも出てきました。見て見ぬふりする警察。
 実は東電も同じようなことをして福島に原発を作ったことも明らかになっています。
 1970年代に、双葉地方原発反対同盟を創設した岩本氏(上の写真の反原発デモの先頭に立っています1980年)
を篭絡して、原発推進の双葉町長にして、下の有名なスローガンを88年に採用させました。
 腐りきった電力会社と国をみんなで徹底弾劾しよう。
 2面で、関電元副社長が歴代社長にわいろを贈る役目だったことの告発を紹介します。
 政治家にわたった原発マネーを明らかにさせていきましょう。

「安倍政権の農政を考える9・29講演会」に50人

9月29日(日)高崎中央公民館で、「安倍政権の農政を考える9・29講演会」が開かれました。50人が参加。台風で被災してたいへんな中、千葉から、三里塚反対同盟農民の市東孝雄さんや農民会議の小川浩さんを迎えて話を聞きました。トヨタなどを守るためならば農民など死んでもかまわない、これが安倍政権の農政です。空港のための暴力的な農地取り上げに対して、農民の誇りをかけて実力で対峙してきた三里塚。ここを拠点に農民の生きるための闘いを作り出そうという、明確な方向性と勝利の展望を示すことができました。

三里塚空港反対同盟・市東孝雄さん
初めての方を多数迎えて
歌とピアノ。感動。
玉村町会議員・石川まさおさん
講師の田島俊昭さん
農民会議共同代表・小川浩さん
現地闘争本部で反対同盟と苦楽を共にして40年という仲間
3/11の後、三里塚の支援に入って7年という現地闘争本部の仲間
忙しい中顔を出してくれた県会議員・小川晶さん「父がいつもお世話になっております」
台風で壊れた看板を建て直し。反対同盟ブログより

10・13三里塚現地集会にいっしょに参加しましょう!

連絡先 09090160272

メール gungoroso@ybb.ne.jp

高崎金曜日行動ブログ、再スタート!

これまで、ヤフーブログで「ナゼンぐんま」のブログとして、お伝えしてきた高崎金曜日行動の様子。

この8月いっぱいでヤフーブログの新たな投稿ができなくなり、閲覧ももうすぐ終了になります。

しばらく投稿がストップしていたのもふくめ、心機一転。

こちらの「高崎金曜日行動」ブログをスタートします。

よろしくお願いします。

ということで、今日2019年9月13日で371回目!

2012年8月から、盆暮れ正月、大雪で交通が止まった日も、倒れるような暑さの夏の日も、1回も休まずに続けてきた高崎金曜日行動。

たくさんの仲間の、熱い思いをひとつにして、がんばってきました。

原発反対も、戦争反対も、今は安倍政権を倒すこと。

韓国をはじめ、国境・民族をこえた労働者民衆の連帯こそが、原発も戦争もない世界をつくる力です。

その闘いの、団結の場。高崎金曜日行動。これからもさらにみなさんの参加とご協力をお願いします。